コロナ対応ありがとう  保育園児・JA 病院に支援品 横浜・汐田総合病院


2020-08-02-1-支援品の受け渡し.jpg


2020-08-02-2-コロナ対応ありがとう.jpg

2020-08-02-3-汐田病院.jpg

コロナ対応ありがとう  
保育園児・JA 病院に支援品 


横浜・汐田総合病院


 「最前線で新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者の方々に元気になってもらいたい」―7月31日、神奈川県農協青壮年部協議会と矢向保育園(横浜市鶴見区)が共同で、同区の汐田(うしおだ)総合病院へ支援を届けました。

 受け渡し会場には、同園の園児たちが作った「ありがとう」の言葉とヒマワリが描かれた、おとなの身長ほどもある切り絵アートが飾られました。支援品のトマト、ジャガイモ、ニンジン、トウモロコシ、ナスなど野菜の詰め合わせ200人分は次々と病院職員に手渡され、1時間ほどでなくなりました。

 協議会の内田勝俊副委員長は「医療従事者の子どもが保育を拒否されたなどの話を聞き、胸を痛めていた。応援している人はたくさんいることを伝えたかった」と語ります。食育事業の一環で同園を訪問した際、園児たちに「一緒に汐田病院のみなさんへ感謝を伝えよう」と呼びかけ、今回の共同の支援が実現しました。

 同園の調理師の女性は「子どもたちは『汐田病院のみなさんありがとう』と言いながら切り絵アートを作っていたんですよ」と声を弾ませて語りました。

 同院の金田亜美外来看護師長は「みなさんの気持ちに元気をもらいました。子どもたちの絵にも癒やされます。患者さんに元気を与える力になります」と笑顔を見せました。

 つながりを生かして今回の取り組みを仲介した日本共産党の上野たつや県議は「地域の人たちの気持ちの橋渡しの助けになれたのがうれしい」と話しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント