コロナ専門家会議の議事録なし  「 歴史的緊急事態」検証に障害も


「 歴史的緊急事態」検証に障害も


政府が新型コロナウ イルスに関する専門家 会議について、発言者 を明示した議事録を作 成せず、議事概要にとどめていたことが2 9日 分かりました。専門家 会議での議論はコロナ 危機への対応に実質的 に極めて重要な役割を 果たしており、将来、 今の政府の対応を検証 するのが困難になる可 能性があります。新感 染症に対する政府の姿 勢が問われるもので野党からは批判の声が上がっています。

内閣官房によると、専門家会議は感染症の専門家や弁護士ら12人がメンバーで、医学的見地から政府に助言を行います。2月の初会合以降、5月29日までに15回開かれました。

政府は3月に新型コロナ感染を公文書管理ガイドラインに基づく「歴史的緊急事態」に指定。政策決定を行う政府対策本部について は開催日時、発言者とその内容など詳細を記した議事録を作成することになっています。

一方、ガイドラインは、それ以外の政策決定を伴わない会議の文書作成に関し、限定的な内容にとどまることを許容しています。菅義偉官房長官は29日の記者会見で、専門家会議は政策決定などを行わない会議だと説明。「ガイドラインに沿って適切に記録を作成している」と強弁しました。

それでも菅官房長官 「適切」

日本共産党の志位和夫委員長は29日のツイッターで「政府の新型コロナ・専門家会議の議事録が作成されていないことは重大だ。首 相が、『専門家会議の助言を得て』と繰り返すように、コロナ対応の政策決定に決定的影響を与えている会議の 議事録がなくては、国民は検証する術がなくなる。専門家会議の尾身副座長も『公開に問題ない』と(述べてい る)。今からでも公開すべきです」と述べました。

立憲民主党の枝野幸男代表は会見で「政府の言い分は全く国民の立場に立っていない」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表は記者団に「重要局面で記録を残していないのは歴史に対する背信行為だ」と訴えました。

-----------------------------------------------------------

発言内容に影響のおそれ
右崎正博・独協大学名誉教授の話

政府は「行政文書の管理に関するガイドライン」の「決定又は了解を行わない会議等」については、詳細な記録の作成を義務付けておらず、専門家会議は「決定又は了解を行わない会議等」だとして議事録の作成義務がないと主張しています。

しかし、専門家会議での議論は実質的に政府の政策決定を方向付けるものです。発言者や発言内容まで含めた議事録が作成されないと、責任の所在が不明確となり、無責任な発言を助長するおそれや、逆に異論を封じ込めたり排除したりしてしまうおそれがあります。また、専門家会議の結論と最終的な政府の決定それぞれの合理性や妥当性、その両者の関連性などを正確に検証するためにも、正確な記録が必要です。「歴史的緊急事態」であるからこそ、詳細な記録を残し、政府が採用し決定した施策の合理性と妥当性を十分に検証できるようにすべきで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント