黒川氏 軽い処分の背景 違法な閣議決定正当化のため 専修大学名誉教授 晴山一穂さんに聞く



賭けマージャンをしていた黒川弘務前東京高検検事長が懲戒処分でなく軽い「訓告」にとどまった背景について公務員制度に詳しい晴山一穂専修大学名誉教授 (公法学)に聞きました。

2020-05-31-0-晴山教授.jpg



2020-05-31-黒川氏軽い処分の背景.jpg


2020-05-31-2-正当化のため.jpg

黒川弘務前東京高検検 事長の賭けマージャン間 題での処分が、「 訓告」 にとどまったことで内閣 に批判が集まると、安倍 晋三首相は「 法務省と検 事総長の判断だ」と「 責 任転嫁」しています。し かし、これは通りませ ん。

そもそも懲戒権は任命 権者である内閣にあり 「 懲戒するかしないか」 の判断はまず内閣が行い ます。懲戒をしないとい う判断は内閣がしたはず です。

「 訓告」は法務省の内 規に基づく監督措置です が、少なくとも内閣によ
る「 懲戒にはしない」と いう判断の上で、法務省 が 「 訓告」にしたはずで す。法務省には懲戒にし ないという判断権はない のですから、その判断を 法務省の責任にすること 自体が論理的に成り立ち ません。

大きな瑕疵

安倍首相がどうして、 懲戒を避けたのか。それ は任命権者としての責任 を問われることに加え、 従来の法解釈を強引に変 更して違法に黒川氏の定 年延長 ( 勤務延長)を決 めた 「 閣議決定」そのも のに、大きな瑕疵( かし)があることになるからで はないでしようか。

安倍首相は、幹部検察官の定年延長は、「法解釈の変更」により適正に行われたと強弁していま す。しかし、検察幹部の定年に、国家公務員法上 の定年延長規定の適用は ありません。「 適用あり」 とする解釈変更自体が違 法で、閣議決定も違法で す。

賭けマージャンを繰り 返していた黒川氏を懲戒 処分にすれば、ふさわし くない人物を任命したこ とになります。

しかも、検察幹部の定 年延長という違法な決定と、その決定で黒川氏を定年延長するとすることは、別々のことではなく一体不可分です。黒川氏がいなければ、」このような人事はなかったかもしれません。安倍内閣も「余人 をもってかえがたい」と 説明し、前例もないとし ています。黒川氏のため の閣議決定であり、人選を間違えたが法解釈や制度の運用は正しいという ″弁 解 ″は通用しません。

政治私物化

だから黒川氏を懲戒処 分にすることは、閣議決 定に問題があると認める ことになります。安倍首 相は、「 閣議決定は適正 だ」と言い張っており、 その点から懲戒にすることを避けたのです。

安倍政権は、2014年に内閣人事局を設置して霞が関の幹部人事を掌握し、法の支配をゆがめ政治の私物化を進めてき した。森友事件はその典型ですが、首相の関与を示す文書の隠ぺい・改ざんを指示していたとみられる佐川宣寿元財務省理財局長に対する刑事告発に対し、検察は不起訴処分としました。そのときの法務事務次官が黒川氏でした。

黒川氏を特例的に定年延長させたのは、やはり自分に都合のよい人物を要職に据え、政治を支配する安倍首相の手法そのもので、そこに今度の閣議決定の本質があると思います


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント