ジャンボリー  2年に1度、民医連で働く青年職員が集まる「全国青年ジャンボリー」。2020年4月30日


文・奥平亜希子(編集部)写真・野田雅也

2020-05-15-1-ジャンボリー.jpg


 2年に1度、民医連で働く青年職員が集まる「全国青年ジャンボリー」。

 38回目の今回は、昨年10月27~29日に岐阜県で行われ、約600人の職員が3日間学び、交流しました。
 
働いている地域や職種を越えて集い、成長する場として1972年に始まった全国青年ジャンボリー(以下、ジャンボリー)。青年職員が実行委員会をつくり、開催県や学習内容を1年以上かけて話し合います。

 会場の岐阜市文化センターに次々と青年が集まり、実行委員会が決めた56の班に分かれます。民医連と交流のある韓国・グリーン病院の5人の参加者も到着し、山内竜馬さん(京都・看護師)と井上大志さん(高知・理学療法士)の司会で開会しました。

 オープニング企画は「憲法のない世界」。「もしも憲法9条、13条、25条がなかったらこんな世の中かもしれない」ということを映像で表現しました。今回のジャンボリーは、参加者の半数が入職1年未満の新入職員。年齢も30歳以下の平成生まれが8割を占めます。「憲法に触れたことがない人も多いのでは…」と、分かりやすく伝えるために脚本や撮影、編集も実行委員会で工夫して作製しました。

3日間を過ごすメンバーとは会場で初めて顔を合わせます。緊張を解くために用意された「大交流会」。まず「ジャンボリーネーム」という呼び名を、班のみんなでつけ合います。趣味や特技、好きな食べ物、住んでいる地域などからつけるため、自然と会話が弾みます。

 呼び名が決まったら「人間知恵の輪」や、ボールを運ぶ速さを競う「目玉転がし」へと続きます。

 その後の班対抗「学習クイズ」では「世界幸福度ランキング、日本は何位」「『いつでも元気』は2019年10月号で何号」などの問題に挑戦しました。

 大交流会のあとは、班ごとに「SGD(スモール・グループ・ディスカッション)」を行い、「憲法のない世界」を見た感想や大交流会の内容などを話し合います。

 ある班では、世界幸福度ランキングに触れ「日本は156カ国中58位だったけど、今の日本は先進国なのかな?“転落途上国”じゃない?」という意見も。「社会保障の悪化がランキングを低くしているのでは」という話から「患者さんの貧困を感じるか」という話題に。

 「ゴミ屋敷に住んでいた人はもともと几帳面な人。足をケガしてゴミを出しに行けなくなった結果、家にゴミが溜まってしまった。病院にいるだけでは患者さんのことがなかなか見えてこない」「社会に寛容さがないと、みんな“見て見ぬふり”になり無関心になっていくのではないか」と次々と意見が出ました。

 ジャンボリーでの学習は、人から教えられるだけでなく、参加者一人ひとりが自分で考え気づくこと。そして、自分と社会のつながりに気づいてもらうことを目標にしています。

 数時間前に初めて出会ったメンバーの前で、自分の意見を言い人の意見を聞く。ふだんの仕事の中ではなかなかできない体験です。

 2日目は白神優理子弁護士の学習講演「日本国憲法は希望」からスタート。90分の講演のあと、40分間対話形式の質疑応答を行い理解を深めました。

 午後は8コースに分かれてフィールドワークへ。「長良川河口堰」マスターコースでは、約80人がバス2台で三重県桑名市にある河口堰に向かいました。

 現地では自然環境の研究者でもある粕谷志郎医師(華陽診療所長)から、河口堰が造られた経緯や問題点を聞きました。

最終日は3日間を振り返り、ジャンボリーで学んだことを話し合います。閉会式では、現地・岐阜民医連の青年職員が、この日を迎えるまでの道のりを映像で紹介しました。

 エンドロールに参加者全員の名前と写真が流れ、感動のフィナーレへ。「また会おうね」「がんばろうね」と再会を約束しながら、それぞれの地に帰りました。

 短くも、とても濃い3日間。多くの青年を迎える側として、準備から本番、そしてその後を見守ってきた、岐阜民医連職員育成委員長の戸崎日月さんは「彼らから“突きつけられたもの”は大きい」と語ります。

 「青年たちは仕事が終わったあとや休みの日にも集まり、自分たちで考え、準備を続けてきました。ジャンボリーで得られた経験は、口で『民医連はこうだから』と語るよりもはるかに大きな“学び”となりました。青年たちはやりとげた。私たち(先輩職員)は彼らにどんな背中を見せるのか―」。

 昨年6月に入職し、ジャンボリー初参加の伊藤幸範さん(神奈川・臨床検査技師)は「韓国・グリーン病院の人たちと同じ班でした。韓国は兵役があるので、参加者の男性2人も訓練を受けたと聞きました。韓国の青年にとっては、軍隊や戦争が日本より身近にあるのだと感じました」と隣国の仲間に心を寄せます。

 同じく初参加の平井芙実さん(香川・歯科衛生士)は「最初は緊張しましたが大交流会で仲良くなれて、班ではお互いの悩みなどの話をすることができました。署名がどう活かされているのか今までよく分かっていませんでしたが、白神弁護士の講演を聞いて“署名で政治が動く”と分かりました」と話しました。
 
今年は中国・四国地協のジャンボリーを小豆島で開催予定。香川にハンセン病の療養所があることと、新型コロナウイルスの流行を受けて“病気と差別”を学ぼうと計画しています。

 ジャンボリー参加者の心に灯った小さな“炎”は、岐阜から全国へ。そしてまた2年後のジャンボリーへと引き継がれます。
________________________________________
学習講演 日本国憲法は希望  ─9条改憲の中身・狙い  
八王子合同法律事務所 白神優理子 弁護士

関連記事:https://midori-tomo.at.webry.info/202005/article_16.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント