「軍事利用を一切禁止。」人権と平和を探求する明治大学  と新聞広告掲載

画像




 2017年1月15日に、明治大学が「朝日」「毎日」「読売」新聞に、「人権と平和を探求する明治大学」として、以下の4点の基本的なポリシーを記載する宣伝広告が掲載されました。

・「国際社会への貢献と世界平和の実現に向けて」
・「軍事利用を目的とする研究・連携活動の禁止」
・「ダイバーシティ フレンドリーキャンパスの創造を目指して」
・「『権利・自由』『独立・自治』は明治大学の建学の精神


この中で、特に注目されるの、「軍事利用を目的とする研究・連携活動の禁止」が記載されている点です。その詳細な解説文が、以下のように記載されていました。


明治大学は、「社会連携ポリシー」の中に「環境保全・平和利用」を掲げ、軍事利用・人権抑圧等、平和に反する内容を目的とする研究・社会連携活載を一切禁止しています。明治大学が目指すのは、高度で先進的な研究成果をもとに、学外研究機関との交流をはじめ、民間企業、国、自治体やその地域社会等と連携して、平和で豊かな社会を創造することです。

軍縮と平和の探求がテーマの一つであり、軍縮・軍備管理の本質的構造の解明に取り組む「国際武器移転史研究所」の研究プロシェクトが、2015年度には私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に選定されました。また、生田キャンパスにある「明治大学平和教育登戸研究所資料館」では、太平洋戦争中に陸軍が行った秘密戦の資料を公開しています。

明治大学はこれからも平和を探求する研究と社会連携活動を推進していきます。



 戦争法が施工され、自衛隊が「南スーダン」に派遣されている情勢の中、更に、軍事関連開発予算が2017年度に、今までの18倍予算が国会に上程されようとする中、この「広告と宣言」は大きな意義があると考えます。
この宣伝に、大学の勇気を感じるのは、多くの皆さんも同じと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック