よこはま健康友の会みどり野支部

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲はね返した運動に確信を 9条実現をめざす運動さらに ―橋大学名誉教授 渡辺治さん

<<   作成日時 : 2017/05/03 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像


戦法施行70年インタビューA

今日は日本国憲法施行から70年目の記念日です。 識者に憲法施行70年について間くインタビュー。2 人目は、渡辺治一橋大学名誉教授です。(中祖寅一)



安倍政権のもとで、私たちは、戦後3度目の改憲の大波に直面 しています。その焦点はかつて も今も9条です。 安倍改憲に立ち向かう今、私 たちは、 戦後の歴史をふり返り、保守政権の手による度重なる改憲の試みを国民の運動の力では ね返し、憲法を7 0年存続させて きたことの意味を、改めて確認する必要があります。

改憲の1度目の大波は、1950年代、安保条約で全土に米軍基地を容認し日本の再軍備・自衛隊創設が進められた時期 に国民を襲いました。改憲の大 きな要因は、アメリカが日本を 極東の基地にするだけでなく、
ヽアジアの戦争に日本を動員する ために圧力を加えてきたことです。

これに対し、「ふたたび悲惨な戦争を繰り返さない」という強い国民の思いを背に、戦後初めて社会党、共産党の共同が成立し、この力で60年安保闘争をたたかい、岸信介内閣を打倒することによって改憲を断念させたのです。

自衛隊の活動に強い制約となる

改憲を阻んだことが、憲法を力あるものに変えました。改憲を封じられた政府は、憲法9条のもとで自衛隊を維持存続せざるをえなくなったため、自衛隊は海外派兵しない、集団的自衛権の行使は憲法上許されないなど自衛 隊の活動に強い制約をかけざるをえなくなったからです。この制約が、ベトナム戦争はじめアメリカの戦争に自衛隊が参戦することを拒む根拠とな ったのです。          ・

2度目の改憲の波は、「冷戦」後、1990年代に世界の警察官となったアメリカが「ともに血を流せ」と自衛隊の海外派兵を 求めたことから起こりました。9条と政府解釈のもとではアメリカの要求に応えられないからです。

この攻勢に対し、残念ながら政党間の共同はできませんでしたが、「九条の会」という形で市民個人の共同が地域の隅々に 広がり、世論を変えて第2の波 を阻んだのです。このように、戦後再三にわた る改憲の試みを阻んだ結果、私 たちは独特の国、「殺し殺される」ことのない国をつくってきました。たしかに戦後日本は保守政権 のもと、憲法9条をまともに実現しようとしたことは一度もありませたこそれどころか憲法の「武力によらない平和」を真っ向から蹂躙する安保条約のもとで米軍基地を日本全土に認め、沖縄には「憲法がない」状態が今なお続いています。自衛隊もさまざまな形でアメリカの戦争に加担してきました。

けれども、なんとか9条を死守してきたため、自衛隊は 一度 も他国を侵略せず、その結果、日本が戦争にまきこまれることも防いできたのです。

戦前の日本とは対照的な70年間

憲法の70年は、10年をおかずに侵略戦争をくりかえし、最後は2000万人のアジアの人々の死と原爆の惨禍をもたらした戦前の日本とは全く対照的な70年をつくってきました。戦後のアジアも朝鮮戦争以来戦争を繰り返してきましたが、日本が直接の侵略者になることはありませんでしたし、戦争に武力で加担したり戦火に見舞われない、アジアで唯一の国となりました。

それが日米安保 のおかげだという議論がありますが、これは明らかな間違いです。2国間軍事同盟条約を結ん できたところ、あるいは結んでいるところは、少なくありませんが、いずれの国も軍事同盟にもとづいて特にアメリカの戦争に加担し、まきこまれた経験をもっているからです。

日本の平和は、憲法9条を堅持することで、日米安保条約の軍事同盟機能を十全に発動させなかったからこそ確保できたのです。

安倍政権がめざしている3度目の改憲は、こうした9条の力を今度こそ根絶やしにしようという試みです。安倍改憲の背景には、二つの要因があります。

一つは、アメリカが戦争に疲れ財政的にも苦しくなる中で、同盟国に対し軍事肩代わりの圧力を強めていることです。トランプ政権は、その象徴です。しかしそれだけでは安倍改憲の執 念深さを説明できません。

安倍改憲を動かしているもう 一つの原動力は、アジアでふたたび軍事大国になりたいという野望です。そこでまず安倍首相 が手を つけたのが、アメリカの戦争への自衛隊の加担、海外での武力行使を阻んできた政府解釈を改変するという解釈改憲と戦争法でした。

戦争法の強行でかえって存在感

戦争法が強行採決されたとき、9条は死んだという声が上 がりました。けれども、決して9条は死んでしまったわけではない。戦争法を強行して、安倍首相は改めて9条の存在を自覚せざるをえなかったのです。

戦争法 は通したものの国連南スーダンPKOへの自衛隊の新任務派遣に対しては、国民の強い違憲の声が止まず撤収を余儀なくされ、自衛隊を戦場に縛りつける軍法も軍法会議も憲法のもとでつくれない。戦時に国民を動 員する緊急事態規定もない。そのいら立ちが安倍改憲を突き動かしています。

憲法が施行されて70年。9条はなお未完であり、その実現をめざす私たちの運動も未完です。憲法を実現する道は、第3の改憲攻勢を阻むたたかいを通じてしか切り開くことはできません。その力も、戦争法反対・廃止のたたかいで生まれた市民と野党の共同しかありません。

戦争法廃止や沖縄の米軍新基地建設を止める新しい国民の共 同が前進し、その課題を実現するために新しい政治を切り開くことは、私たちに課せられた、大変大きな歴史的課題となっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲はね返した運動に確信を 9条実現をめざす運動さらに ―橋大学名誉教授 渡辺治さん よこはま健康友の会みどり野支部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる