よこはま健康友の会みどり野支部

アクセスカウンタ

zoom RSS ストッフ共謀罪:えん罪を絶対繰り返すな、心壊すか考えない人作る、ひとり一人「ノー」示そう

<<   作成日時 : 2017/04/17 13:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


えん罪を絶対繰り返すな(ジャーナリスト 金平 茂紀さん)

長い取材経験の中でも、とりわけ危険な法律だと感じています。

戦前の治安維持法の下で起 きた横浜事件では、雑誌編集者や新聞記者ら約60人が逮捕され、30人以上が有罪となり、4人が拷間で獄死しています。そういう冤罪が繰り返されては絶対にいけない。

歴史が示す通り捜査機関の「想像力」というものは異常に拡大するものです。「こんな解釈ある?」ということが現実になってしまう。

たとえば沖縄では、基地反対運動のリーダーが器物損壊などの疑いで逮捕され、5カ月以上拘束されました。警察は、逮捕と同時に家宅捜索をし、パソコンと携帯電話、記録データを押収。誰とどのくらい接触しているかというデータを読み取って、いま裁判の証拠として提出しています。

「基地反対運動をするような人たちは、一大犯罪集団で共謀的関係にある」と、捜査機関の頭の中に構図ができあがってしまっている。沖縄で起きていることは、共課罪を先取りした予行演習です。


画像

心壊すか考えない人作る(精神科医・立教大学教授 香山 リカさん)

精神医学的にも共課罪は非常に危険です。精神医学上に、自分の考え、秘密が奪われてしまうと思い込んでしまうという症状があります。これは本当につらい症状で耐えがたい苦しみを体験することになります。共謀罪法案 が成立すれば、その状態がリアルにつくられると思います。

捜査機関の判断で一般の人を監視の対象にするわけですから、何か考えると「それは危険ではないのか」。メールやSNSへの投稿でも「もしかしたらまずいんじゃないの」といちいち考える。そん な状況になれば、心を壊してしまうか、一切自発的にものを考えないという人を生み出していくことになります。

戦前 、特高に逮捕され、拷間で殺された小林多喜二の人生が、多喜二が味わったことが、今再現されるかもしれないという危機感を持ちます。 多喜二の出身地の北海道の小樽の出身者として、多喜二のように臆せずも のを言ったり、書いたりして、法案を廃棄にしていきたい。


画像

ひとり一人「ノー」を示そう (作家・映画監督 森 達也さん)

ある人が生活に困り、仲間と銀行襲撃計画を立てる、下見に行き、やはりやめようと思い直して、家に帰ると
警察がずらりと並んでいる―。こんな時代が、本当に来るかもしれません。人は弱く、誘惑に負けます。しかし反省し、立ち直る力がある。共謀罪は、それを許しま せん。

安倍首相は国会で、「共謀罪で一般人に累が及ぶことはないのか」との質問に「犯罪集団に一変したオウム真理教を一般人とは言えない」と答えました。別件、微罪含め逮捕・起訴されたオウム信者は63人。ほかの1万人以上の信者は犯罪には関わっていない。しかし安倍首相の論理では、全員犯罪者になる。これは、イラク人はみなテロリストと言うトランプ米大統領と 同じです。

「犯罪者集団」とレツテルを貼り、排除する社会にしないために、 一人ひとりが「ノ ー」の意思を示し、状況を変えましよう。

(4月7日のペンクラブ 主催の集会から)

「共謀罪」関連情報
http://midori-tomo.at.webry.info/theme/d80da5ca71.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストッフ共謀罪:えん罪を絶対繰り返すな、心壊すか考えない人作る、ひとり一人「ノー」示そう よこはま健康友の会みどり野支部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる