よこはま健康友の会みどり野支部

アクセスカウンタ

zoom RSS 米軍機墜落 語り継ぐ悲劇 神田香織さん講談「悲しみの母子像」

<<   作成日時 : 2017/03/29 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年、2017年は「緑区に米軍ジェット機が墜落し、母子3人が亡くなった事故」から40年になります。Blogでも何回となく、記事をアップしました。今年も「平和のつどい」が開催されると思います。そんな中、以下の記事が掲載されていました。そこで、転載させていただきます。ご容赦の程よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------
画像


1977年 に横浜市に米軍機が墜落し、母子3人が亡くなつた事故を、 講談師の神田香織さんが講談で語り継いでいる。娘と孫を亡くした土 志田勇さん=2008年死去=の遺志で作つた「哀しみの母子像」だ。新 型輸送機オスプレイの運用が常態化する状況を憂え、来月中旬にあら た.め て都内で上演。「多くの方に悲劇を知つてもらいたい」と話して いる。 (橋本誠 )

昨年十二月、沖縄県名護 市でオスプレイが大破した 事故に、神田さんは四十年 前の悲劇を重ねずにはいら れなかった。「悲しみを繰り返してはならない」とカを込める。

その事故が起こったのは 七七年九月二十七日。横浜市緑区(現青葉区)の住宅地に、米軍厚木基地を離陸したRF4ファントム偵察機が墜落し、住民九人が死傷 した。三歳の裕一郎ちゃん、一歳の康弘ちゃんが直後に死亡。母親で、土志田さんの娘の和枝さんも全身の八割にやけどを負い、四年後に三十一歳で亡くなった。 .

オスプレイ常態化危険今も

「はだしのゲン」の講談などで知られる神田さんは、二〇〇五年に勇さんから「和枝のことを講談にしてくれませんか」と持ち掛けられた。勇さんは〇八年一月に亡くなったが、神田さんは葬儀に駆け付け、遺影の前で 「必ず講談にします」と誓った。事故現場や、港の見える丘公園(横浜市)に建てられた「愛の母子像」を訪ね資料を調べた。

〇九年に完成した講談は約一時間。和枝さんら家族四人が自宅でアイスクリー ムを食べた後に「妖怪」が落ちてきた―。フアントム機墜落の場面をこう語る。

「子どもたちはテレビの前からハネ飛ばされ、和枝は飛ばされてきた置き時計に背中を打たれ気を失ってしまいます。ジェツト燃料の帯は居間を直撃し、妖怪の国から吐き出された火の玉は四人を一瞬のうちに吹き飛ばしたのでした」「子どもたちは三階の病室に移され、目、鼻、日を残して全身を包帯で巻かれておりました。『痛いよ、痛いよ』」

子どもたちの死を一年以上知らされず、やけど治療の激痛に耐え続けた和枝さんの苦しみも描いていく。自身も二人の娘がいる神田さんは「一 歳と三歳といえ ば、一番親を必要としていてかわいらしいとき。そのときに亡くなっていったのは、つらすぎる」と心を痛める。〇九年の初演では観客や司会者からおえつが漏れ、神田さんも涙をこらえきれなかったという。

この犠牲にもかかわらず、米軍機の事故は今も絶えない。「沖縄で事故を起こしたオスプレイは、群馬や新潟でも飛行訓練を始め、四国でも飛び回っている。日本を守るのに米軍基地が必要という人がいるが、自分の家族が被害に遭ったらと想像してみてほしい」と話す。

公演は四月十六日午前十 一 時半からヽ東京都中野区 の「 なかの芸能小劇場」で。
問い合わせはオフィス 10=03(6304)8545=へ。


http://midori-tomo.at.webry.info/theme/18afa7b293.html

http://midori-tomo.at.webry.info/theme/6fa3be038a.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米軍機墜落 語り継ぐ悲劇 神田香織さん講談「悲しみの母子像」 よこはま健康友の会みどり野支部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる